杉並区の歯科・予防歯科はパシフィック歯科まで
HOME>矯正歯科

不正なかみ合わせから歯をまもる

不正なかみ合わせから歯をまもる
参考症例: 56歳 女性 治療期間14ヶ月
治療前
治療前

 この患者さんの例では下の前歯は全く見えません。
下の前歯は上の前歯の内側に噛み込んでいて、上の前歯を外側に押し出してしまっているのです。
押し出された上の前歯は前方に飛び出したために歯と歯の間が開いてしまい、ぐらぐらと動いていました。
機能を果たしていないばかりでなく、いまにも抜けてしまいそうな状態でした。


矢印
治療後
治療後

 矯正治療を14ヶ月おこなった結果、上下の前歯は正常な噛み合わせとなり、正常な機能を営むことができるようになりました。
上の前歯はこれ以上前に押し出される心配はないので、今後長く正常な機能を営んで長持ちすることが期待できます。
この患者さんは56歳の女性の方でしたが、最近では年齢に関係なく治療ができるようになってきています



 上下の歯の噛み合わせの方向が異なると、歯には異常な力が働いて歯の寿命を短くします。
矯正治療はこのような場合に、歯に加わる力の方向を変えることで大きな役割を果たすことができます。