杉並区の歯科・予防歯科はパシフィック歯科まで
HOME>矯正歯科

歯の健康を守る

歯の健康を守る
治療前
治療前

下の前歯は凸凹に生えていて、歯がお互いに重なりあったりしています。そのために歯ブラシ
の毛先が当たらないところができて、十分に歯と歯の間を磨くことができません。
その結果として歯と歯の間の歯肉が炎症を起こして出血しています。
これは歯周病のはじまりで、放置すると歯を支える支持組織である骨が吸収して歯を早く失う原因となります。

矢印
治療後
治療後

治療後は下の歯がきれいなアーチ状に並んで歯と歯の重なりもなくなりました。この状態です
と小さめの歯ブラシを使えば前の歯の裏側をよく磨くことができます。
歯肉が炎症を起こしたり、歯と歯の間にムシ歯ができたりする心配はなくなります。

歯が重なり合って凸凹に生えている乱杭歯(らんぐいば)は叢生(そうせい)と呼ばれてます。
下の前歯で多くみられる歯列不正ですが、他の人からは見えないので放置されがちです。
しかし、歯磨きがしにくいので歯垢(プラーク)がたまりやすく、ムシ歯や歯周病にかかりやすく
歯の寿命を短くします。