杉並区の歯科・予防歯科はパシフィック歯科まで
HOME>インプラント

インプラント治療の適応症

歯を一本失った場合の選択肢

当院で扱っておりますカルシテックインプラントは、チタンだけのインプラントに比べて周囲の骨との親和性が良いので、かなりの難症例でも対応できます。骨の状態が悪てインプラントを諦めなければならない場合でも可能になることがありますのでご相談ください。 さまざまなケースに合わせて、豊富なタイプのインプラントを取り揃えております。喪失歯が一本の場合の治療法として、従来法のブリッジ、部分入れ歯と比べても、インプラント治療はその機能や将来性において最良の選択となるでしょう。


治療前
従来の治療法

 1.隣接した歯を土台にしたブリッジ
隣接の健康な歯を削って土台として、欠損した歯を再現したブリッジを被せる方法です。

2.取り外し式の部分入れ歯
取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨や天然歯に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

矢印
治療後
インプラントによる治療

 インプラントの図
インプラント治療は、歯が欠損した部分のみの処置ですみ、隣接する天然歯と機能的にも審美的にも判別がつかないほどです。

 インプラント治療によるメリット

・自然な歯と同じように見え、感じられ、機能します。
・健康な隣接歯を損ねることがありません。
・発音や発声も以前のままです。
・顎の骨の収縮を予防するため従来のフェイスラインを維持します。
・お口のケアは自然な歯と同様です。
・自然な咀嚼能力を回復します。

・自信や本来の表情を取り戻します。
失った歯が何本もある場合は?

不幸にしてたくさんの歯を失った場合、取り外し式の義歯(入れ歯)を入れる人が多くなります。しかし入れ歯ではほとんどの場合、硬い食品を噛むことはできません。入れ歯で硬いものを咬むと、入れ歯の下の歯肉が圧迫されて痛むからです。基本的には歯肉耐えられる硬さの食品しか咬めないのが入れ歯です。 インプラントが支持する人工歯(クラウン)が最良の解決策になります。さらに複数の健康な歯を削る必要のあるブリッジや、ガタツキや緩みによって炎症を引き起こすおそれのある部分入れ歯とは異なり、インプラントは顎の骨にしっかり固定されるために、隣接の歯に悪影響を及ぼすことはありません。そのため快適で自然であり、自分の歯のようにも感じます。


治療前
従来の治療法

 取り外し式の部分入れ歯
取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨や天然歯に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

矢印
治療後
インプラントによる治療

 インプラントが支持する人工歯(クラウン)
インプラント治療は、歯が欠損した部分のみの処置ですみ、より自然な人工歯により機能性と審美性が回復できます。

 ・自然な歯と同じように見え、感じられ、機能します。
・健康な隣接歯を損ねることがありません。
・発音や発声も以前のままです。
・人工歯はインプラントにしっかりと固定されます。
・お口のケアは自然な歯と同様です。
・自然な咀嚼能力を回復します。
総入れ歯の場合は

上顎または下顎の歯がすべて失われている場合は、現在その治療法は総入れ歯とインプラントの2つしかありません。しかし総入れ歯の場合、適合不良による痛みを始め様々な問題点が指摘されています。インプラントが支持するブリッジや義歯(入れ歯)はインプラントによって顎と固定されるため、今まで控えていた総入れ歯による問題点や不安から解放されます。

治療前
従来の治療法

 取り外し式の部分入れ歯
取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨や天然歯に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

矢印
治療後
インプラントによる治療

 インプラントが支持する人工歯(クラウン)
インプラント治療は、歯が欠損した部分のみの処置ですみ、より自然な人工歯により機能性と審美性が回復できます。

インプラントにより、自信を持って笑ったりおしゃべりができ、好きな食べ物を不安なく楽しむことができます。