杉並区の歯科・予防歯科はパシフィック歯科まで
HOME>インプラント

| インプラント治療の適応症 |

総入れ歯の場合は

上顎または下顎の歯がすべて失われている場合は、現在その治療法は総入れ歯とインプラントの2つしかありません。しかし総入れ歯の場合、適合不良による痛みを始め様々な問題点が指摘されています。インプラントが支持するブリッジや義歯(入れ歯)はインプラントによって顎と固定されるため、今まで控えていた総入れ歯による問題点や不安から解放されます。

治療前
従来の治療法
 取り外し式の部分入れ歯
取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨や天然歯に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。
矢印
治療後
インプラントによる治療
 インプラントが支持する人工歯(クラウン)
インプラント治療は、歯が欠損した部分のみの処置ですみ、より自然な人工歯により機能性と審美性が回復できます。
インプラントにより、自信を持って笑ったりおしゃべりができ、好きな食べ物を不安なく楽しむことができます。