杉並区の歯科・予防歯科はパシフィック歯科まで
HOME>インプラント

| インプラント治療の適応症 |

失った歯が何本もある場合は?

不幸にしてたくさんの歯を失った場合、取り外し式の義歯(入れ歯)を入れる人が多くなります。しかし入れ歯ではほとんどの場合、硬い食品を噛むことはできません。入れ歯で硬いものを咬むと、入れ歯の下の歯肉が圧迫されて痛むからです。基本的には歯肉耐えられる硬さの食品しか咬めないのが入れ歯です。 インプラントが支持する人工歯(クラウン)が最良の解決策になります。さらに複数の健康な歯を削る必要のあるブリッジや、ガタツキや緩みによって炎症を引き起こすおそれのある部分入れ歯とは異なり、インプラントは顎の骨にしっかり固定されるために、隣接の歯に悪影響を及ぼすことはありません。そのため快適で自然であり、自分の歯のようにも感じます。


治療前
従来の治療法
 取り外し式の部分入れ歯
取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨や天然歯に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。
矢印
治療後
インプラントによる治療
 インプラントが支持する人工歯(クラウン)
インプラント治療は、歯が欠損した部分のみの処置ですみ、より自然な人工歯により機能性と審美性が回復できます。
 ・自然な歯と同じように見え、感じられ、機能します。
・健康な隣接歯を損ねることがありません。
・発音や発声も以前のままです。
・人工歯はインプラントにしっかりと固定されます。
・お口のケアは自然な歯と同様です。
・自然な咀嚼能力を回復します。