杉並区の歯科・予防歯科はパシフィック歯科まで
HOME>インプラント

インプラントについて

インプラント専門医による治療
インプラント治療が成功するするかどうかは、つぎの3つの条件で決まります。
  1.施術する術者の技量と経験
  2.インプラントを植える場所の状態、特に骨の質と量
  3.使用するインプラントの材料

1.術者の技量と経験
すべての外科手術で言えることですが、術者の技量は症例の経験数で決まります。
その意味で一般の歯科医はインプラント専門医にはかないません。
当院ではそんなインプラントの専門医である、田中 收 先生を招聘して手術を担当していただいております。
田中先生はもうすでに1万本以上の経験をお持ちです。
その豊富な経験で的確な状況判断をされ、手際よく安全で痛くない手術を短い時間でしてくださいます。

2.インプラントを植える場所の状態、特に骨の質と量
インプラントを植える場所に十分な骨が残っていないと丈夫なインプラントを植えることができません。
丈夫な骨がたくさん残っている場合には、太くて長いインプラントを植えることができます。
そうすれば固い食べ物でも安心して噛むことが出来ますし、長持ちします。
現在の進歩したインプラントは残っているご自分の歯よりもはるかに長持ちします。
骨の量と質が十分ではない場合には、さまざまな対処法がありますが、高い技術をもった術者にしかできないものもあります。

3.使用すするインプラントの材質
インプラントの材質は日進月歩で進化しています。
とくに植えた場所の周囲の骨と強く結合する材料の開発がつづけられていきています。
当院で採用しているインプラント材料はチタン単体ではなく、その表面を骨誘導性のよい材料で被覆したものを使っています。
現在でも使用されているインプラントの多くはチタン単体のものがほとんどです。
チタンの表面にハイドロイシアパタイトという骨に似た物質を焼き付けることで、インプラントは骨と強く結合するようになります。
骨の質が悪く、量も少ないためにインプラントを諦めなければならなかった症例でも、このよなインプラントを使用することで可能になった場合が少なくありません。