杉並区の歯科・予防歯科はパシフィック歯科まで
HOME>歯を失ったら

固定式ブリッジ

その3.固定性のブリッジ
普通ブリッジというと英語の「橋」のことですが、歯科では抜けた歯の
両隣の歯に被せ物(冠)などをして、橋渡しのような形で人工の歯を
固定する方法でつくる義歯のことを意味しています。

噛む能力は非常に高く、うまく出来ると何でも噛めるようになります。
審美的にも、歯と同じ色の材料を使えば天然の歯と見分けがつかない
ようなものを作ることができます。

最大の欠点は、両側の歯を削らなければならないことです。
特にその歯が健全な歯の場合には、削ることに抵抗感があります。
削る量もかなり大きくなりますので、その歯の寿命を縮めることになります。