杉並区の歯科・予防歯科はパシフィック歯科まで
HOME>歯を失ったら

入れ歯(義歯)

その2.取り外し式の入れ歯
歯を失ったところを補う方法には二通りあります。
取り外すことの出来る義歯と、固定式の義歯です。

取り外すことの出来る義歯は、残っている歯に金属のばね(クラスプといいます)
をかけて義歯が外れないように維持させます。
一般的に「入れ歯」と呼ばれているのはこれです。

「入れ歯」の良いところは、取り外して清掃できるために清潔に保てる
ことです。
それと残っている歯を削ったりして加工しなくても作れることです。 

しかし、残っている歯にばね(クラスプ)をかけて維持をはるために、その歯に
負担をかけることになり、その歯の寿命を縮める可能性があります。

ものを噛む能力はさほど高くなく、なんでもバリバリと噛めるわけではありま
せん。クラスプは金属で出来ているため、あまり外観にふれると審美的では
ないことが欠点です。